2007/04/21 タイトルを「一龍インスぺクション」から改名しました。(一龍インスぺクションはカテゴリーとしてありますので、これからもどうぞよろしくです。)のみくい参考資料は主に中野、高円寺、阿佐ヶ谷をうろちょろしています。
ぽにょる?
ここへきて日本国中ぽにょってますなぁ。
中華そば

今日、一龍で中華そばをすすっていたら突然アルバイターのリオちゃんが「ぽ〜にょぽ〜にょ・・・♪」と振り付きで歌いだしたので、一瞬彼女はおかしな人になっちゃったのかな?と思いましたが、一龍流のサービスだったんですね。
ママが仕込んだ。
| 一龍インスペクション | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一龍でオリンピック観戦
マスターは、あの厨房の奥にいて、いったいどの瞬間に入り口付近のテレビを見たのかと思うぐらい的確にオリンピックを見ています。
たとえば野球ならゲームの内容、全てのカウントやバッターが誰でランナーの状況はどうだとか。
あの忙しい厨房で絶えず注文が入ってきて休む間もなく動いているのに、客の我々よりゲーム状況が詳しい!
これはどういうことか?!
一龍
ひとまず目の前の中華そばをすすってから考えよう。
| 一龍インスペクション | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日はどっちだ?
我輩は犬である。

なんでも敦賀で産まれてふらふらしていたら、いつの間にかこの究極のエコキャンピングカーのハンドルに縛り付けられて現在に至るのである。
エコキャンピングカー
もちろん移動にはことかかないのであるが手足がチト不自由なのと周りの人間どもが勝手に携帯電話でパシャパシャ写真を撮っていくのが気に入らない。撮るのならせめてドッグフードの一つぐらい口元まで持ってくるのが筋だろう。

しかしウチのご主人様は結構スルドイ。
このエコキャンピングカーがあれば二酸化炭素排出をかなり削減した次世代型生活ができちゃうのだ。ちょっと先に行っちゃってるけど夢の話じゃない。人間みんな自転車一台で生活し、ハンドルの上にペットを縛り付けるニューライフスタイル時代がもうそこまで来ている。夢じゃない。

ただこの時期はまだ大丈夫だけど雪が降ってくるような季節はどうしよう。
ま、なるようになるか。

それはそうとなかなかご主人様が帰ってこないな。
ご主人様ぁー!ご主人様ぁー!
チッ。平和堂の中で涼んでら。
炎天下、ここまで結構こいで来たからなぁ。
| ただの記事 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏・水仙まんじゅう
今年も帰省してまいりました。福井県は敦賀市に。

福井といえば、一力、一龍、パリ丼、はたまた「へしこ」といったような言葉がすでに全国区になっていると感じている昨今ではありますが、それに付け加えスイーツ部門で皆様にお伝えしなければならない「懐かしの夏の風物詩」があり、私は長年これを密かに探し続けておりましたが、敦賀ではなかなかそれを見つけることができず、もうだめだ、あの味は二度と俺にはもどってこない、ああ青春! などと落胆しておりましたら今回見事に発見することが出来ました!!で、その歴史的衝撃映像をお届けいたします!
水仙まんじゅう
↑それがこの「水仙まんじゅう」です!
現存しておりました!懐かしのお猪口状態! お猪口で作られて地下水で冷やされているこれぞ正統派でちゃんとした水仙まんじゅう。
水仙まんじゅう
見た目に涼しげ&さわやか!クール&ビューティー!

このご時勢、スーパーに行けば似たようなものは売っています。が、スーパーに売っているようなプラスチック容器に入れられて冷蔵庫で冷やされたものとは味が全然ちがうのです!
そもそも水仙まんじゅうは冷蔵庫では冷やせないほどデリケートでコケティッシュでキッチュでキャッチーなスイーツなのです。
だから地下水で冷やすのです。
水仙まんじゅう
プルプルで透明感のある「くず」の中にキレのあるこしあんが入っています。一口食べればその上品な甘さと冷たさに自動的に次のお猪口へと手が伸びます。あああ、舌の上に衝撃のプルプル!
水仙まんじゅう
今回、車を走らせてたまたま見つけることが出来た敦賀市・沢にある「アイドルつるかめ」さんの軒先。
手間のかかる逸品なので大変なんですと店長は言っていました。でも来年も売り出しますよと言ってくれたんですよ。うれしいね!
来年も来ます!
| | 21:13 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
「ウチくる」 写りこみ成功
いや〜。お疲れ様です。
「ウチくる」にバッチリ写りこんだママ。
実物よりもきれいに写っていたでしょう?
これがまた自慢話に進展して行くんですねー。
ロケ中、無理やり出演者にからんでいこうとした音声は全てカットになってましたが!
あ、私池ポンもほんの0.5秒ほど、うっすらとおばけみたいに写りこみに成功しました。
いや、小池栄子一龍東関東営業本部長殿の同空間に0.5秒も写り込めば爪跡ぐらい残せたと言えるでしょう?これは大成功です!
一龍
これで安心して中華そばが食べれます。

お隣に出来た「天狗ゼリー サムライアイスクリーム」さん。
前回はサムライアイスクリームを頂きました。
今回は天狗ゼリーを食べてみましょう。
天狗ゼリー
ずらっと並んだゼリー郡。どれにしようかな。
天狗ゼリー
マンゴーゼリーにしてみました。
新型の食感。ふわふわのふわ〜って感じの舌触り。そのふわふわと果肉との2層構造になってます。砂糖未使用で余分な甘さがありません。大人の美味さですね。一龍のラーメンの後にさっぱりときます。
天狗ゼリー
店内の壁にも凝ってますね〜。
天狗ゼリー
週末には店頭でチラシを配っているスタッフの皆さん。
是非一龍で昼食をどうぞ!
| 一龍インスペクション | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ