2007/04/21 タイトルを「一龍インスぺクション」から改名しました。(一龍インスぺクションはカテゴリーとしてありますので、これからもどうぞよろしくです。)のみくい参考資料は主に中野、高円寺、阿佐ヶ谷をうろちょろしています。
<< 「ウチくる」 写りこみ成功 | main | 明日はどっちだ? >>
夏・水仙まんじゅう
今年も帰省してまいりました。福井県は敦賀市に。

福井といえば、一力、一龍、パリ丼、はたまた「へしこ」といったような言葉がすでに全国区になっていると感じている昨今ではありますが、それに付け加えスイーツ部門で皆様にお伝えしなければならない「懐かしの夏の風物詩」があり、私は長年これを密かに探し続けておりましたが、敦賀ではなかなかそれを見つけることができず、もうだめだ、あの味は二度と俺にはもどってこない、ああ青春! などと落胆しておりましたら今回見事に発見することが出来ました!!で、その歴史的衝撃映像をお届けいたします!
水仙まんじゅう
↑それがこの「水仙まんじゅう」です!
現存しておりました!懐かしのお猪口状態! お猪口で作られて地下水で冷やされているこれぞ正統派でちゃんとした水仙まんじゅう。
水仙まんじゅう
見た目に涼しげ&さわやか!クール&ビューティー!

このご時勢、スーパーに行けば似たようなものは売っています。が、スーパーに売っているようなプラスチック容器に入れられて冷蔵庫で冷やされたものとは味が全然ちがうのです!
そもそも水仙まんじゅうは冷蔵庫では冷やせないほどデリケートでコケティッシュでキッチュでキャッチーなスイーツなのです。
だから地下水で冷やすのです。
水仙まんじゅう
プルプルで透明感のある「くず」の中にキレのあるこしあんが入っています。一口食べればその上品な甘さと冷たさに自動的に次のお猪口へと手が伸びます。あああ、舌の上に衝撃のプルプル!
水仙まんじゅう
今回、車を走らせてたまたま見つけることが出来た敦賀市・沢にある「アイドルつるかめ」さんの軒先。
手間のかかる逸品なので大変なんですと店長は言っていました。でも来年も売り出しますよと言ってくれたんですよ。うれしいね!
来年も来ます!
| | 21:13 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
あーーーーーーーーーーーーーーー!
それそれそれーーーーーーーーーー!
そうです。それが正統派水仙まんじゅうなのです。
食べたーい。
| J嫁 | 2008/09/18 8:53 AM |
J嫁、久しぶりですな。

やはり、この記事に反応しましたね。

食べた瞬間、「懐かしい!」って思いますよ。

心が7歳ぐらいに戻ります!
| 池ポン | 2008/09/19 1:24 PM |
一力、一龍、パリ丼、へしこ、水洗(水仙)まんじゅう
どれもこれも懐かしい!
確かに水洗まんじゅうは冷蔵庫で冷やすと不味くなりますね。
やっぱりその場で冷たい水の中から取ってもらって食べるのがイチバン!
それには敦賀まで行かなきゃ!!
食べたくなってきました。

今年の夏は帰省しようかな?
| kiyop | 2011/07/01 11:21 AM |
kiyopさん、コメントをありがとうございます。
そうです、夏は敦賀がいいですよ。
上記のどれを食しても、一気に昔のことを思い出させてくれますよ!
軽いタイムスリップ現象とでも言いましょうか。
味の記憶による次元のねじれとでも言いましょうか。

あ、
「水仙まんじゅう」は少なくとも5個はいけますよ!
| 池ポン | 2011/07/02 3:07 AM |









http://ins.ichiryuu.boy.jp/trackback/988945
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ