2007/04/21 タイトルを「一龍インスぺクション」から改名しました。(一龍インスぺクションはカテゴリーとしてありますので、これからもどうぞよろしくです。)のみくい参考資料は主に中野、高円寺、阿佐ヶ谷をうろちょろしています。
<< 秋の夜長にジャックバウワー | main | スローガン55杯 >>
アトラクション酒場 門前仲町 魚三
危険なスリルを得るために、人はわざわざ金を払ってジェットコースターに乗ってみたり、バンジージャンプをしてみたり・・・・
・・・魚三に行ってみたり!!
そう言いたいね。そう言いたい。門前仲町にある魚三!

悪友J氏が久々に来日していて、
「池ポン、久しぶりに一杯やろう。つきましては東京の東側エリアで飲もうではないか、目ぼしい所はある。16時に門前仲町で。」
このような連絡がきました。
魚三という店に行く予定らしい。店のオープンが16時、なるほどオープンから飲もうと言うことですね。

その日、指定どおり門前仲町に16時ちょい前到着。駅を出てみてびっくりしました。平日の16時だというのにもう「岸部シロー的雰囲気」をかもし出しているオジサン達が50人ほど店前に並んでいるではないですか!
こんな黒い光景あんまり見ることが無いので、これはこれでなんだか素晴らしいものを見たような気に。
ここで感心してる場合ではない、J氏を探さなくては。
この黒だかりにJ氏はすでに並んでいるはずだ。J氏を探すのは・・・いや、簡単です。
この列から若いヤツを探せば良い訳ですからね。
前から20番目ぐらいにJ氏はいました。いい位置に着けましたね。
流石です。
「お久しぶりです」と挨拶もそこそこにJ氏は「ウコンの力」をプシューっと開けました。そうスタートの時が近づきました。
そして16時オープン!
門前仲町 魚三
ノレンが出された瞬間、50人の岸部シローがいっせいに入り口に殺到します。
店内は意外と広く吉野家みたいなカウンター式でダダダダダっと席が埋まっていきます。ん?向こうのほうでいざこざか?
「そっちじゃなくてこっちに座れっつってるだろ!」
「聞こえなかったか?席は取ってらんねーんだよっ!」
いきなり店員のおばちゃんが客に向かって罵声をぶつけています!
おおおおおおおーって感じです!
これは始めてここへ来た人は誰しもひるむ瞬間でしょう。そして困惑する瞬間でもあります。
私達の日常生活においてなかなかこのような完全店員上位というような状況は、まず無いですからね。「いらっしゃいませ」などありません。

そう、本日のアトラクションのスタートです!

門前仲町 魚三
冷で一杯、中トロを注文。一杯180円にしっかりと盛られた中トロ刺身が400円かぁ。これは文句ないなぁ。日本酒も冷えすぎていない。
門前仲町 魚三
かわはぎの刺身。肝まで付いている。仕入れに自信がある証拠ですね。
J氏曰く、「店の裏に海がある!」

先ほどまで席についてすぐに罵声の光景もあったりして、なんだか浮き足立っていたような気がしますが、一杯飲み終える頃には一応店の感じにもやや慣れてきて周りを見渡す余裕が出てきました。

刺身類はすでに切ってありショーケースに置かれていて一番早く出せるメニューとなってるんだなぁ。
日本酒は一升瓶を冷水に入れて冷やしているわけだ。
我々の正面には魚河岸の名前がずらり書かれた歴史のありそうな木の板が掲げられています。
そして相変わらずあちらこちらで店員に罵声をあびせられ怒られている客がいます。
会社では「部長」と言われてそうなオジサンが、ここでは「ガキ使」に出てくるようなおばちゃんに怒られています。
何をそんなに怒る必要があるのか?
このおばちゃん一人ではない、店員全部だ。
こんな中で酒を飲み、美味い刺身をつまむ我々。
アトラクションは進行中です。
門前仲町 魚三
アマダイの塩焼き。抜群の焼き加減、身がぷりぷりで美味い。
門前仲町 魚三
アナゴ白焼き。なんとも言えない香ばしさが口全体に広がっていきます。
つまみが美味いので酒が進みます。

どんどん注文したいのだけれど、オーダーのタイミングが難しい。
こちらの注文があちらの耳に届いたのかどうか、返事をしないので分からない。こちらがそこそこ大きな声で注文しても見事に無視してくる場合もあるし、そうかと思えば5分後ぐらいに商品が出てくる場合もある。
さらに言えば、この「オーダー無視」する時のおばちゃんの顔が腹立たしい。いわゆる「しらこい顔」だ!
門前仲町 魚三
今日はとこぶしが無いということで、アワビの刺身を注文。新鮮でこりこりと美味い。これで400円かぁ。
門前仲町 魚三
うにクラゲ。ちょっとなめながら日本酒がさらにグビグビだ。

画像は無いですがもっとオーダーしていてどれも美味い!
そしてバンバン無視もされていて店員の態度が腹立たしい。
おいしさと腹立たしさの狭間!
これぞ下町のアトラクション!

・温厚な性格で平常心が揺らがない方
・Mであり怒られるのが好きな方

以上の方は魚三アトラクションに行けるでしょう。

午後19時、「これを飲んだら帰って。」と言われ我々は最後の一杯を飲み干しました。
| 外食記 | 15:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

おおっ!ここに行ったか!

行ってみたいが、「安い!旨い!」に惹かれてくる客を客とも思わないそのあしらいはみたくない。

景気のいいときだったらどんなに良くても客など来ないだろうに、景気が悪くなって本領を発揮する店。

悩むね。でも行かないな。
| kkkkkkkkk | 2009/01/14 5:48 PM |









http://ins.ichiryuu.boy.jp/trackback/1071994
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ