2007/04/21 タイトルを「一龍インスぺクション」から改名しました。(一龍インスぺクションはカテゴリーとしてありますので、これからもどうぞよろしくです。)のみくい参考資料は主に中野、高円寺、阿佐ヶ谷をうろちょろしています。
夏・水仙まんじゅう
今年も帰省してまいりました。福井県は敦賀市に。

福井といえば、一力、一龍、パリ丼、はたまた「へしこ」といったような言葉がすでに全国区になっていると感じている昨今ではありますが、それに付け加えスイーツ部門で皆様にお伝えしなければならない「懐かしの夏の風物詩」があり、私は長年これを密かに探し続けておりましたが、敦賀ではなかなかそれを見つけることができず、もうだめだ、あの味は二度と俺にはもどってこない、ああ青春! などと落胆しておりましたら今回見事に発見することが出来ました!!で、その歴史的衝撃映像をお届けいたします!
水仙まんじゅう
↑それがこの「水仙まんじゅう」です!
現存しておりました!懐かしのお猪口状態! お猪口で作られて地下水で冷やされているこれぞ正統派でちゃんとした水仙まんじゅう。
水仙まんじゅう
見た目に涼しげ&さわやか!クール&ビューティー!

このご時勢、スーパーに行けば似たようなものは売っています。が、スーパーに売っているようなプラスチック容器に入れられて冷蔵庫で冷やされたものとは味が全然ちがうのです!
そもそも水仙まんじゅうは冷蔵庫では冷やせないほどデリケートでコケティッシュでキッチュでキャッチーなスイーツなのです。
だから地下水で冷やすのです。
水仙まんじゅう
プルプルで透明感のある「くず」の中にキレのあるこしあんが入っています。一口食べればその上品な甘さと冷たさに自動的に次のお猪口へと手が伸びます。あああ、舌の上に衝撃のプルプル!
水仙まんじゅう
今回、車を走らせてたまたま見つけることが出来た敦賀市・沢にある「アイドルつるかめ」さんの軒先。
手間のかかる逸品なので大変なんですと店長は言っていました。でも来年も売り出しますよと言ってくれたんですよ。うれしいね!
来年も来ます!
| | 21:13 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
多良川 酒造見学
我々の旅のお決まり行動パターンである酒造見学。
どこへ旅してもその土地の酒がどのようにして作られているのかちょこっとだけ知りたい。
宮古島には三つの酒造がありますが「多良川」が見学しやすいかなということで宿で借りた原チャリとばして多良川へ。
多良川
オフィスのロビーにはいろんな多良川製品が置いてあり、試飲も自由にできます。デキあがるまで試飲している人も中にはいます。そうなると、つまみがほしいところですが、つまみは置いてありません。
我々は原チャリの運転がありますので試飲は出来ません、もろみ酢だけいただきました。これがまた美味いの!
多良川
ガイドのお姉さんにつれられ樽のある場所へ。
何の変哲もないタイ米が酵母とコラボしてアルコールを作り出すという説明を真剣に聞いたんですが、ほとんど忘れてしまったぁ〜。
多良川
↑これは最終工程の何か。
多良川
おっちゃんが瓶にラベルを貼っていました。
紙で包んで2本束ねて出荷します。
宮古島では、一升瓶は「2本売り」が定番なんです。
| | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
またも宮古島へ
羽田からのフライトは朝6:50分。
銀むつ弁当
朝食代わりにまたこの銀むつ弁当を買ってしまった。ゴージャスに焼きあなごもつけて。
我々は腹が減っては戦ができないタイプなのでフライト前のロービーでぺろり。こんなもん5分もあればなくなります。

今思い返せば約2週間前、7月の3連休をいかに過ごすかという重大な家族会議が我が家で開催されたのでした。
行きたい所は沖縄方面ですが、那覇や石垣島、宮古島などの人気路線は「JALおともDEマイル」でゲットできる可能性が非常に低い!
それは百も承知。
しかしながら我々は「JALおともDEマイル」以外で飛行機に乗るつもりはない。正規料金を払うつもりは毛頭ないんです。
「しょうがない。青春18切符でも買って[ながら]にでも乗るかぁ。」
なんてぼんやり計画していたら、うちの嫁っこから緊急朗報が届きました!
なんと宮古島チケットが「JALおともDEマイル」でゲットできたというのです!
おおおお!でかした嫁っ!すごいラッキー舞い込んだなおい!
なんでも、たまたまJALのホームページを開いたら空席が2席あったんですって。ガチラッキー舞い込んだなおい!
おし!3連休は宮古島へビュンと飛んでオリオンビールでアニ乾杯じゃーい!
宮古島海
ってな具合。2時間半のフライトで再びこの地に来ました。宮古島です。

到着後、いきなり今回の旅のテーマの一つを慣行。
それはやぎ肉を食ってみる事。
福久助
空港で配ってる無料の観光パンフレットを眺めていたら「やぎそば」っていうのを発見しました。
やぎ入門編としてはおあつらえ向きでしょう?
んでこの「福久助」へ。
やぎそば
やぎスープにやぎ肉、何かの野菜が入ってますね。やっぱり肉の臭みを消すための香草てき存在でしょうか。
一口すすってみましょう。
ズズズズズとすすって、んんんんんーーーーーーー、なんと申しますか、鼻から抜けてくる空気の香りが明らかに未体験ゾーン。
えっとー、そう食えないわけではないが・・・・・・好みではないと申しますか・・・・これなら普通のそばを注文すればよかったかな?みたいな。
そんな感じ。
| | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)
道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)「農村レストラン カントリーマム」にてランチを。

1泊2日の千葉県の旅でしたが最後まで気を引き締めて地のものを食べたい。
農村レストラン カントリーマムではこの辺りで取れた農産物を使って何か食わせてくれるというので、んじゃそこへ。

鄙の里(ひなのさと)
鄙の里膳
おおーーー、眼で美味しいですな。ウチらナメたことはしてませんよという意気込みを感じます。味、量、彩り、これぞジャパニーズランチではないでしょうか。
鄙の里(ひなのさと)
地鶏膳(仮名)
ちくいち美味い。千葉の鶏も美味しいですなぁ〜こりゃ。
もういいたび夢気分と言えるでしょう。
この道の駅では地元の農家の産直販売もやってます。
そちらで買い物をして家路につきました。
| | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ジャボチカバの木、もしくは実
えー世の中、知らないものはまだまだあるんですねー。
ジャボチカバ
同農園で見つけたジャボチカバという木です。
見たことも聞いたこともありません。
ジャボチカバ
↑木の幹に直接、深紅のすもものような果実がなってるんですよ、これが。
味はキョホウのようだと農園関係者が話してました。
これは売り物ではないようです。
| | 17:16 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
ブルーベリー狩り
さても車を走らせ次の目標であるブルーベリー狩りのできる農園へ。

「観光温室 夢の花かん」
http://www.awa.or.jp/home/yumehana/


とある旅番組で、ブルーベリーをもいで食べて「うっま〜い」なんつってる女優の顔を見ていたら私もあんな風にもいでみたいと思ったんです!だから来ました。
ブルーベリー狩り
結構沢山栽培されてるんですね。実がいっぱい見えますよ。
さあ30分1本勝負食い放題おまけ1パックサービスの始まりです。
ブルーベリー狩り
食い放題スタート!
すっぱいのもあるし甘いのもある。あっちのほうが甘いかな?人によってはすっぱいのが好みの人もいるようですが私はやっぱし甘いほうが良いですね。
遠くで農園スタッフの声がします。
おお、そうでしたか。ここにある木は1種類ではなくて品種によって味が違うのでしたか、それならば甘い木を探してその木に成っている実を根こそぎ食っちゃえば良いのですな?ありがとう農園スタッフ。
っとまあこんな調子で30分間一度も手を休めることなく、何かに取りつかれたようにブルーベリーを食いつづけました。
楽しいもんですな。
| | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
房総スカイラインファントム
外房の海を左に眺めながらひた走り目的地である「白浜」へ到着。
民宿「広根」で一泊船盛りコースを予約してあります。
うーん、思ったとおりのどかな場所です。
南房総市広根
部屋から海が見えて、防波堤で何人か釣りをしていました。
宿泊客は我々だけのようです。さらにのんびり出来ますね。
南房総市広根
前菜というか先付けというか、鯵のなめろう、さざえ壷焼きで腹が満たされそうです。空豆美味い。
南房総市広根
ずん!出ました出ました。そう、このような「ずん」とした船盛りを食べたかったんです今回は。
アワビ、サザエ、ホタテ、イサキ、イセエビ、イカ、アジ、ムツ。
やぼな魚は乗っかっていません。そう、それでいい!
この辺りでとれたものだけで構成されているのが嬉しい。
南房総市広根
イセエビは小ぶりだが味が良い、しかもまだ動いていました。
こんなに食いきれるかなぁ。この後、焼き魚も出てきました。

食後、刺身にうずもれるような夢を見て爆睡。

んで朝食。
南房総市広根
この「小むつ」の煮付けの美味いこと!
一匹でメシ一膳食えます。おお、米も美味い。
近年どこの地方も米が素晴らしく美味い。
南房総広根
昨日のイセエビのあら汁。

こりゃ今日も良いドライブができそうです。
| | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハーブアイランド ベジタブルガーデン
紫陽花を見た後、時間的にランチですわな。
夕食は外房の魚であることは決定しているのでそれ以外で、何かこの地域の特色を織り交ぜたようなランチがしたい。
特色を織り交ぜると言っても食い物は「動物」か「植物」かと言ったところでしかないわけで、そう難しく考える必要もないのだけれど。
しかしながら安直にコンビニ弁当とかデニーズといったような行動は断じて発想してはならない!そんなことを考えながら車を走らせていたら答えが前からやってきたんです。
ハーブアイランド01
ハーブアイランド ベジタブルガーデン
外から見たらただのオシャレ農家ですね。
中に入ると、おおおーでっかいビニールハウスでしたか。
ハーブアイランド04
いろんなハーブや野菜が栽培されています。
んで併設しているレストランでとれとれの野菜が食えるわけですよ。
ハーブアイランド02
だだっぴろくってなんだか良いなぁ。
ハーブアイランド03
トマトソースのパスタとハーブ練りこみパスタ。
サラダトレー。ポテトサラダもなめてない。
見事に美味い!野菜の鮮度が違う!良い答えに出会えた!
ハーブ練りこみパスタを食ったら胃のむかむかがスーっと消えた。
これには驚いた。
| | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
びわアイスクリーム
千葉県はビワの名産地?でしたっけ?
びわアイスクリーム
甘すぎず、ほんのりビワの香りがよろし。

それにしてもビワの木って「柿」と並ぶぐらい多くないですか?
都内ですと柿よりもビワを良く見かけるような気がしているのは私だけでしょうかねー。ま、日本国中に分布してますよね?きっと。



| | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
千葉へ。茂原、紫陽花屋敷
友人の万次郎から千葉県の南房総市にある白浜という地の「いいところだよ〜」という話を聞くたびに一度は「白浜」に行かなければいけないなと思っていました。
東京から近くの海の見える別荘地、また田舎暮らしを目指す方に人気のスポット。いろいろネットで調べているうちに、なんだか住みたくなってきました。まだ訪れてもいないのに!

ってなわけでレンタカー借りて南房総市に行くわけですが、アクアラインを使って高速でストレートに目的地まで行きたくないのが我々流。
寄り道をして茂原の紫陽花屋敷で色彩見聞しましょう。

紫陽花屋敷
屋敷のエントランス。私の田舎の敦賀でもこのような建物はかなり減ったですよ。
車を走らせてますと、この辺りはこんな感じの日本の源風景要素が結構残っていると感じました。
紫陽花屋敷
中に入ると斜面一面紫陽花畑で想像より迫力あります。
紫陽花屋敷
色とりどり、種類も数多く見られます。
紫陽花屋敷
それにしても、6月は開花でピークでしょうが、6月以外の11ヶ月間はずっと手入れをしているのでしょうか。
| | 18:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ